畑儀文 心のうた 〜the song of spirit〜

戻る
荒城の月
2022年4月1日配信

荒城の月

廉太郎が12歳のときに父親の転任のため現在の大分県竹田市に移り住んだ。学校の裏にある岡城で遊んだり、石垣に座り尺八を吹いたり多感な少年期を過ごした。詩人土井晩翠のこの詩の作曲にあたり思い浮かんだ情景は、幼少期を過ごした竹田市の岡城だといわれている。明治34(1901)年に文部省編纂「中学唱歌」の出版にあたり、「荒城の月」「箱根八里」等を作曲。

作詞:土井晩翠作曲:瀧廉太郎撮影地:大分県竹田市岡城址